DUGA

アニメ

勇者、灼炎のエリス・ヴァイオレットよっ!襲撃していた魔族を真っ二つに切り裂く炎に包まれた剣を振るうのは真っ赤な鎧に身を包む美少女である華奢な肢体ながらも瑞々しく凛々しいその美少女は、国唯一の最強美少女勇者であった……その美少女勇者の麗しい顔に、べちゃっと貼り付いているのはグロテスクな魔物でドジって捕縛されたエリスは魔族の研究所で鎖に繋がれたまま、精神汚染とばかりに魔物を貼り付けられ、脳内から侵され続けていた……必死に堪えるエリスを嘲笑うように、それは永遠に続いていくものと思われていたのだが……普通なら廃人同然と油断する魔族の隙を逃さず、必死に反攻のエリスはその地獄から何とか抜け出したものの……肢体に刻み込まれたのは……常時疼いてしまう敏感媚肉化であった……おかしくなったのを必死に隠し通そうとしたエリスであったが、その肉体は勇者としての仕事にすら影響を与えてしまい、仕方なくと長期休暇を申請する為に……理由を素直に報告してしまう上司であるキリュウが、その美少女勇者の申請を承諾する代わりに提案するのは……唯一の最強勇者から……フェラ豚へと成り下がることであった……。

アニメ

「Honey Hive‐防波堤少女‐前編・後編」蜂守スミカは、お兄ちゃんがとっても大好き!幼なじみの彩が最近お兄ちゃんと仲良くしている姿を見て嫉妬していた。そんな折り、一人喫茶店に居た所、先輩の須崎由巳から声を掛けられるとある倶楽部に行く事になった。最初は、男の人とただ話をするだけでいいと言われホッとしていたが、由巳からお兄ちゃんとの予行演習だと思ってすればいいと、知らない男に付かされてしまった。戸惑いながらも、周りの子達と同じ様に接していたが、由巳の裏切りからスミカは男たちの中に置き去りにされてしまう。「何で私がこんな目に…」家に帰るとドア越しから彩とお兄ちゃんの激しく絡み合っている声が聞こえて来た。思い詰めるとあの倶楽部に向かっていた。全てを忘れ居場所を見つける為に…。どんどん深みに嵌って行くスミカだったが、それが災いし倶楽部での事が学校で噂として流れてしまう。それを聞いた彩は、スミカの事が心配になり声を掛ける。「もう私と関わらない方がいいよ」その一言が脳裏に焼き付く。そして現実を知った彩は…。

アニメ

葛木翔子談。彼は『枯木常考(かれきつねたか)』。勤続年数二十年になる歴戦の自宅警備員、なんて言っているけど、つまり引きこもりです。彼のお父様と再婚した私『葛木翔子(かつらぎしょうこ)』と、私の連れ子、姉の『さやか』、妹の『由紀(ゆき)』と一緒に、しばらく同居することになります。でも常考さんは気に入らないみたい。私たちに嫌がらせをして出ていかせようとしているわ。その標的は、由紀。由紀ったら最近はいつも常考さんと一緒ねぇ。二人が仲良くなってくれて良かったわ。それにしても、あの子ちょっと太ってきたかしら?お腹まわりがふっくらしてるわ。あら?一人でどこに行くのかしら?ひょっとして常考さんのところ?あのとき、あの場所で、あの選択をしていたら……。本作は、あなたのifを実現させるための続編アニメです!あなたは狙ったターゲットのご主人様に(奴隷でも可)なれる、かも?

アニメ

弘樹は学園内の敷地内で倒れてしまった褐色の肌をした女性を保健室に運んだ。生徒ではないが異世界に住む亜人であることから学園を管轄している機関に連絡をしようとするが目覚めた彼女に阻まれてしまう。そして彼女の眼が赤く光り正体が露わになる。彼女の名はイルザ、エルフと対立する種族ダークエルフである。エルフ達から弘樹を奪うため二人きりになる時をねらっていたのである。

アニメ

魔剣に侵され、強引にエロエロ姫様のレッテルが貼り付けられてしまっているシーラ。その淫夢に負けないようにと、現実世界でエロエロぐしょぐしょにしましょうと提案の腹黒エルフに促されるままに、大木に括りつけられ緊縛妄想エロエロ恥辱劇場が開幕っ!とばかりに、ニナとエリクが、緊縛吊りのツンデレ姫様をねっとりたっぷりナメハメ味わうように濡れ濡れのぐしょぐしょにし始めていく事に……嫌な顔しながらも強引に感じさせられてしまうシーラは、魔剣の淫夢に打ち勝つべく、恥じらい捩りながら疼かせ濡らし火照りまくり朦朧絶頂!と相成ってしまう……ものの、それでもすぐに上書きされてしまうと恐れる腹黒エルフは、さらなる痴態とばかりに強要するのは、水着状の鎧であった……ぴっちりパッツンとほぼ裸状態の極小面積のビキニに身を包まれたシーラは、マントを羽織りながら、すれ違う旅人の好奇の目に晒されながらニナとエリクの後ろから恥ずかしさに見を小さくしながら後に続いていた……

アニメ

舞華と晴れて恋人生活を満喫している八尋。ツンツンと生意気盛りな舞華は、ひん剥くと途端に従順に恥じらい怯える様に嗜虐心を煽られるばかりで、思わずがっついてしまう日々であった…。そんな暢気な日々にふと思う八尋「なぁ、舞華、尻でも感じるってよ」何気ない一言に驚愕の舞華「てめぇ、変態度がマシマシだろっ、ゲス」文句満杯の舞華だが、八尋がその足に手を伸ばした途端「や、やめてよぉ、いやだよぉ」怯える小猫のように小さくなる舞華に、八尋の興奮はマシマシであった…。

アニメ

【ハイじゃんぷ!】陸上部に所属する「ケイカ」は大会が近いので一生懸命練習に取り組んでいた。というのは口実で、同部の牧山に思いを寄せていて、毎夜、彼の姿を想像しながらオナニーをしていた。ある日、練習中に声を掛けられると牧山の事を意識していまし、股間が疼きその場から逃げ出さずにいられなかった。追いかけて来た牧山に引き止められると、ケイカは振り返るやいなや、牧山の唇にキスしてしまい、もう気持ちを抑える事が出来なくなっていた。【スポーツクラブのミカコさん】温水プールに通っている田辺は講師の「牧野ミカコ」に好意を持っていた。ある日、泳ぎに夢中になり帰りが遅くなってしまった田辺が更衣室に戻ると、自分のパンツの匂いを嗅ぎオナニーをしているミカコの姿を目撃してしまう。ミカコは、この事を黙ってもらう変わりに田辺のエッチな要望に応えるのであった。

アニメ

【葛木翔子談】彼は枯木常考(かれきつねたか)勤続年数二十年になる歴戦の自宅警備員、なんて言っているけど、つまり引きこもりです。彼のお父様と再婚した私『葛木翔子(かつらぎしょうこ)』と、私の連れ子、姉の『さやか』、妹の『由紀(ゆき)』と一緒に、しばらく同居することになります。でも常考さんは気に入らないみたい。私たちに嫌がらせをして出ていかせようとしているわ。その標的は、由紀。なんだか最近、部屋でこそこそしてるあの子。一人で何をしているのかしら?胸の大きさを気にしてるみたいだけど、今のままでも十分可愛いわよ?あらあら大変、なんだか怖い顔で常考さんに迫られてるわ。…前もこんなことがあった気がするけど。気のせいかしら?あのとき、あの場所で、あの選択をしていたら…。本作は、あなたのifを実現させるための続編アニメです!あなたは狙ったターゲットのご主人様に(奴隷でも可)なれる、かも?

アニメ

追い出された学園で、陥落寸前まで辱めていた優奈。転校した先で出会う同じ顔の女教師が、その双子の妹である愛奈という巡り合わせに興奮に猛る肉棒を鎮めるために優奈を呼び出し、愛奈共々双子姉妹恥辱へと貶めた亮。しかし、そんな辱めにも必死に抵抗する愛奈は、未だ顔を合わせると睨み怒りをぶつけてくる。優奈以上に堕とし甲斐のある愛奈に興味興奮の亮は、放課後の美術室へと呼び出す。「こんな所で何するつもりよっ」強気な愛奈に見せるのは、嘗てハメ撮りした優奈の痴態。バラまかれることに怯える愛奈は、悔しくも、従って…。「いやっ、そんなところにっ、ダメ、弄らないでッ」緊縛拘束した愛奈のむっちりとした肢体を、刷毛とともに弄り始める。必死に抵抗する愛奈であったが、強引に弄られ火照らされる自らの体は…じわりと、スケベな汁が溢れるのを、抑える事は出来なかった…。

アニメ

兄の章と妹の唯は両親が離婚したために母子家庭の環境で暮らしていた。堅物で真面目は章は父親代わりとして唯の面倒を見てきた。ある日の朝、章は唯から男子生徒に告白されたことを聞かされる。章は自分が知らない唯の一面を見てしまったことに動揺が隠せないであった。いつも章の脳裏に浮かんでいたのは泣き虫で甘えん坊の唯の姿だった。ずっと一緒にいて妹の面倒を見ていくことが自分の役目だと思っていた。そして成長した唯がいつか自分の元を離れていく時が来ることも頭では分かっていた。だが唯の口から実際に聞いてしまうと章の胸の奥は苦しくなるのであった。もやもやとした気持ちを持ったまま迎えた夜、章は唯の寝室にいた。心地よい寝息を立てている妹の唯に章は手を伸ばしていくのであった。